税法上(財産評価基本通達)の株価

相続税や贈与税の課税価格を計算する際、その基礎となる財産の評価方法は、国税庁が定めた「財産評価基本通達」に規定されています。

財産評価基本通達は、法人税や所得税でも準用されることがあり、税務全般における評価額算定の基本となっています。

非上場株式の評価について、財産評価基本通達は、以下のとおり定めています。(財産評価基本通達178~)

・取引相場のない株式の価額は、会社を大会社・中会社・小会社に区分したうえ、類似業種比準価額、または純資産価額、またはその組み合わせにより評価する。

・ただし、同族株主以外の株主が取得する株式は、特例的評価方式である、配当還元価額によって評価して良い。

・特定の評価会社の株式は、別途規定。

同族株主以外の株主が取得する株式については、財産評価基本通達188等に定められています。考え方がやや複雑ですので、実際の取引に際しては、十分な検討が必要です。

(関連する記事)

同族会社・同族株主とは


本サイトに記載された情報の正確性について当会計事務所は最大限の注意を払っておりますが、当該情報のご利用による不測の損害の発生につきましては、当会計事務所は一切の責任を負いません。その他利用規約をご参照ください。