相続税額の2割加算(孫養子など)

亡くなられた方の孫が、養子になっている場合(いわゆる孫養子)は、孫養子が相続する財産については、相続税が2割加算されます。
(ただし亡くなられた方の子が相続開始前に死亡しているときや、相続権を失ったためその孫養子が代襲して相続人となっているときは、2割加算は行われません。)

・孫が受け取る生命保険金:

生命保険金について、亡くなられた方が被保険者および契約者となり保険料を支払い、受取人が孫である場合も、2割加算の対象になります。
(孫が養子でない場合、養子である場合ともに同様です)

生命保険金は民法上の相続税ではありませんが、相続税法により、相続税の課税財産とされています(一般に「みなし相続財産」と言われます)。

(関連条文等:相続税法18条、3条1項1号)


本サイトに記載された情報の正確性について当会計事務所は最大限の注意を払っておりますが、当該情報のご利用による不測の損害の発生につきましては、当会計事務所は一切の責任を負いません。その他利用規約をご参照ください。