年金と相続

年金には、国民年金や企業年金、その他個人年金保険契約に基づく年金などがあります。年金の種類などにより、相続税の課税は異なります。

1. 遺族年金は原則として非課税

厚生年金や国民年金の受給者が亡くなられたあと、遺族の方に対して支給される遺族年金は、原則として所得税も相続税も課税されません。

遺族年金の受給権は、遺族が取得するものですので、遺産ではなく、遺産分割の対象になるものでもありません。考え方として「みなし相続財産」になるものですが、別の法律により非課税とする規定があるため、所得税も相続税も課税されない扱いとなっています。

2. 退職年金は相続税がかかる場合があります

退職年金については、退職手当金としてみなし相続財産になり、相続税が課税される場合があります。

3. 未支給の年金は、遺族の方の一時所得

亡くなられた時に未支給の年金があるとき、遺族の方が年金請求権を行使して支給を受けた場合は、その遺族の方の一時所得となります。相続税はかかりません。


本サイトに記載された情報の正確性について当会計事務所は最大限の注意を払っておりますが、当該情報のご利用による不測の損害の発生につきましては、当会計事務所は一切の責任を負いません。その他利用規約をご参照ください。