株式公開・適時開示

株式公開

株式を一般投資家に公開して安定資金を調達し、知名度・社会的信頼性を向上させることで、企業は飛躍的に成長をすることができます。

一方で、投資家に対する責任を果たし、公開企業にふさわしい内部管理体制を確立するために、上場に際し金融商品取引所・証券会社・監査法人の審査・監査を受ける必要があります。
また上場後においては、企業情報を適時かつ正確に開示し、内部管理体制を運用していくことが求められます。

当会計事務所は、事業の立ち上げから、株式公開準備、株式公開後までの全過程において、お客様の株式公開の成功をサポートいたします。

株式公開に関する主な業務

事業計画の策定
資本政策の策定 資本政策の解説>>
ストックオプションの設計 税制適格ストックオプションの要件>>
公開企業としての社内管理体制・内部統制の整備
上場審査のための財務諸表・審査書類の作成
税務面における、株式公開にかかる法人・個人の税務の最適化の実現
株式公開後の、適時開示や内部統制、税務などの継続サポート


適時開示

上場会社は投資家に対する情報開示のため、財務情報等を適時に開示することが求められます。

金融商品取引所の規則により求められる決算短信や、金融商品取引法に基づく有価証券報告書・四半期報告書、会社法に基づく計算書類など、多くの書類を、法令と会計基準に準拠して作成・開示する必要があります。
法令や会計基準は頻繁に改正され、高度な複雑化を続けているため、外部の専門家のサポートを受けることも有効です。

当会計事務所は、上場企業監査や株式公開支援の経験を活かし、適時開示に関する総合的なサポート業務を提供しております。