オフィス紹介

2018年12月、私たちは7年を過ごした九段南から、新しいオフィスへ移転しました。

オフィスは働く人の想いと理想を示し、人の働き方をつくります。

日当たりが良く、開放感がある。
整理されていて、一歩入ると気持ちが明るくなり、背すじが伸びる。
快適で、働いている人が誇りに思える。

そのようなオフィスをつくろうと、移転プロジェクトにはメンバー全員が参加しました。

白と木とガラスを基調に、デスクやキャビネットを整然と配置したオフィスは、高品質な業務、正しいことを誠実に、信頼と温かさを大切にクリーンで透明な経営を、という私たちのありかたを示しています。

私たちの仕事は、お客様の想いを実現すること。
お話をお聞きすること、考えを伝えることを繰り返して、理想は実現へ向かいます。
お客様とお会いして打ち合わせをする会議室は、大切な場所です。

フォーマルな会議室のチェアは、落ち着いて打ち合わせができるよう、Steelcaseが長時間座る人のために開発した「Think」を揃えています。この会議室には「Think」という室名がつきました。

カジュアルな会議室は、メンバー同士の打ち合わせ、社内研修にも活用されています。
天井には北欧照明の名作、ルイスポールセンのペンダントライト「PH5 mini」が柔らかく灯ります。この部屋は「Poulsen」という名前がつきました。

メンバーは各自のデスクで作業をするほか、共有のコミュニケーションエリアに集まって打ち合わせをしたり、資料を広げて作業をしたりします。
コーヒーを入れたり、ランチをとったり、休憩をしたり、もできるスペースです。

2018年の春にオフィスを移転しようと決めてから、メンバー皆で物件を選定し、方向性を議論し、業者様と打ち合わせを重ね、新オフィス移転の日を迎えたのは年末の頃でした。

忙しい時期にも多くの時間を割いて、移転プロジェクトに真剣に取り組み、皆でつくったオフィスには、大きな愛着があります。掃除も整理整頓も植物の手入れも、メンバー全員が毎日心を込めて行なっています。

これからも良い仕事を続け、良い仲間を増やし、私たちが大きく成長していくことで、私たちのオフィスをもっともっと輝かせていきたいと思います。