ROIC 投下資本利益率とは

ROICとは、投下した資本に対しどれだけの利益を獲得できているかを表す指標です。資本効率や事業の収益性を表します。

Return on Invested Capitalの略で、日本語では投下資本利益率と言われています。

ROICは一般に「NOPAT÷投下資本」で計算されます。

  • NOPATは税引後営業利益のことで、営業利益 x (1-実効税率)で計算されます。Net Operating Profit After Taxの略です。
  • 投下資本は「純資産 + 有利子負債」で計算する方法や、「運転資本 + 固定資産」で計算する方法があります。

企業としては資金の出し手である投資家の期待に応えるよう、投資家の期待利回りを上回る利益を獲得する必要があります。
ROICが期待収益率を上回っている場合、これが達成できていると評価されます。

ROICを意識した経営を行うためには、損益だけでなく、貸借対照表・バランスシートで示される財政状態を意識することが必要です。


本サイトに記載された情報の正確性について当会計事務所及び当社は最大限の注意を払っておりますが、当該情報のご利用による不測の損害の発生につきましては、当会計事務所及び当社は一切の責任を負いません。その他利用規約をご参照ください。