|

パティシエに弟子入りするような

コンビニのショートケーキのラインで働いていた工員が、パティシエに弟子入りし高品質でいろいろな種類のケーキを作ってみたいと一念発起した、という感じで松本会計事務所に入って4か月が過ぎようとしています。

冬が近づいてくるのを感じる頃になりましたが、今年の夏に採用の面接を受けたころにはうっすらと汗ばむほど暑く、道を間違えてしまい走って汗だくで到着したわたしに面接する方が笑顔で水を勧めてくださって、恐縮しつつもほっと緊張がゆるんだのを覚えています。

わたしは入所前、事務を受託する会社で規格化された事務をしていました。大量の仕事を大勢のメンバーで決められた手順で処理していく、事務の工場のような会社です。
年次が上がるごとに責任や役割も変わり、経理業務を含め、たくさんのことを経験させていただいたのですが、大きな流れの一部ではなく、もっといろんな会社を知って会計や税務の知識を深めたいと思い、当事務所の求人に応募しました。
そこでパティシエに弟子入りして・・・というような挑戦がはじまりました。

そう考えるとなかなか無謀な試みだったような気がしてきます。
でも不安はありましたが、温かく迎えていただいて、子育て中のため勤務時間が限られていても、仕事量の管理もメンバー全員で声をかけあって確認や調整ができるので、今は安心して働けています。
オンとオフの区別もしっかりしているので、今後は簿記の資格の勉強などに時間を使っていきたいなと思っています。

ひとつ質問をするとなぜそうなるのかといった理由や、今のやり方になった経緯までしっかりと説明してもらえるので、理解を深めることができます。毎回口頭できちんと答えてもらえるので、すべて頭に入れるまでしっかり覚えようと気持ちに張りが出ます。

お客様に対しても、おひとりおひとりについて、どういった方なのか、どのようにお付き合いされてきたのか、丁寧に引継ぎをしていただけるのも楽しみです。
お客様のご要望に沿うようきめ細やかに考えていく仕事の仕方は、今まで経験がない分野なので大いに学んでいきたいです。

これから事務所の一員として、一歩一歩進んでいきたいと思います。


松本会計事務所のスタッフブログは、月に一度新しい記事を掲載いたします。+ 時々、不定期でも更新いたします。ぜひご愛読ください。

スタッフブログ目次>>  所長ブログ目次>>

BACK TO TOP