|

感動を生む仕事

1か月ほど前、オリエンタルランド様とひらまつ様の株主総会に出席しました。

当事務所に入所してからたくさんの総会に参加する機会がありましたので、議事の進行や事業報告などの風景も見慣れてきました。
株主総会で求められるコンテンツは同じようなものでも、会社が違えばその空気感や雰囲気はまったく異なるものになると実感しています。
2社の総会を通じて、わたしは感動を生む仕事ができる人間でありたいと感じさせられました。

オリエンタルランド様は、誰もが知っているディズニーランド・シーの経営・運営をされています。
ディズニーという響きだけで、夢のようなものを感じることができる世界です。夢と感動、ひととしての喜び、やすらぎを提供することを企業理念としています。

ひらまつ様は、レストランの経営をしています。
芸術とやさしさという考えを大切にし、追い求められています。
自分の感性を表現する芸術と他人を思いやる寛容なやさしさが同居する空間こそが、レストランだと考えているそうです。

どちらもエンターテイメント性が高く、サービスを通して人に感動を与えるイメージが、とても湧きやすい会社だと思います。
株主総会での事業報告やプレゼン映像にも、心おどらされるものがありました。

これに比較すると、会計事務所は、エンターテイメント性に乏しく、人に夢や感動を与えるというよりは知識やスキルという現実の世界で勝負するというイメージが持たれやすいのかと思います。
夢や感動というイメージを抱かれにくいかもしれません。
だからといって人に感動を与える仕事をしていないわけではありません。

夢を実現しようとする経営者のサポートの過程で味わえるたくさんの感動、お客様の期待を超える品質でのサービスの提供、お客様や一緒に働く仲間に対する心づかい、挨拶やメールの返信、整理整頓などの日常の一コマなど、日々の仕事の中で感動を生みだすチャンスはたくさんあります。
このチャンスに気付けるかどうかは、知識やスキルの習得のために単なる努力を積み重ねるだけでなく、人としての生き方や考え方をより良いものへ磨いていくことが大切なのではないかと思います。

理想を掲げ、一歩一歩積み重ねることで、夢と感動、芸術とやさしさにあふれた人間性を兼ね備えた、感動を生む仕事ができる人になりたいと、感じさせてくれた総会でした。

ディズニーやレストランのようなわかりやすい躍動感はないかもしれませんが、松本会計に行けば、専門知識のサポートにプラスして、明るい気持ちになれる、前向きになれる、心穏やかになれる、お客様にそう感じていただける空間でありたいと思います。


松本会計事務所のスタッフブログは、月に一度新しい記事を掲載いたします。+ 時々、不定期でも更新いたします。ぜひご愛読ください。

スタッフブログ目次>>  所長ブログ目次>>

BACK TO TOP