|

会計事務所とAI

AI(人工知能)によって会計事務所の仕事はなくなってしまうでしょうか?

なくなってしまうと考えるネットや経済誌の記事は興味深いですが、会計事務所の仕事について知らなすぎるように思います。

「会計事務所で働いてみたいけど、大丈夫かな?」と心配される方たちに向けては、私たちもメッセージを発するべきでしょう。

心配する必要もいま備える必要もない、というのが私の考えです。

AIは将来いつか、会計事務所にとって必須のツールになり、我々のサービスをより良いものにしてくれると思います。でも会計事務所に代替するほどの発達は、まだ見えていません。

会計ソフトが自動仕訳をしたり、異常取引を検出するくらいでは、会計事務所の仕事はなくなりません。私たちの仕事はもっと広く、深いものです。

AIの発展が会計事務所の成長を止めないことは、我々がいま目の前に広がっている可能性を拓いて成長していくことで、示していきたいと思っています。


AIが会計事務所の脅威でない理由

会計事務所の仕事で求められる知識と判断は、とても広いものです。

判断の基礎は、
・会計基準、税法、会社法、経済学、経営学と、それらの周辺にわたる知識
・個々の会社の状態(これだけでも膨大な情報が必要です)
・お客様それぞれの想い、周囲のご家族の意向、等々、
とても広い範囲にわたります。

AIが会計士や税理士にとって代わると言われている方が、もし判断の基礎を会計基準と税法だけと限定しているとしたら、その前提は誤っていると思います。

それでも将来、これだけの判断もAIが代替できる日が来るとすれば?
もしそう考えるなら、その頃にはもう、世の中の仕事のほとんどがAIに代替されていると思います。世界はまるで変わっているでしょう。もう誰も働いていない世界がくるかもしれないのに、「今の社会が変わらずにAIだけが進化したらどの職業がなくなるか?」と考えることは、意味がないのではないでしょうか。

そのような不確実な未来に備えるより、いま目の前にひらけている可能性とチャンスをつかみ、地道に進んでいくことに価値があるはずです。

AIは会計事務所の仕事を奪うのではなく、会計事務所の仕事を大きく変えるツールになってくれると思います。
そのとき会計事務所はAIに仕事を奪われるのではなく、AIの活用によって新たな事業領域を拓いていくことができるでしょう。


会計事務所は有望な業界か

優れた会計事務所を必要とするお客様は、これからも減ることはないでしょう。

当事務所にはこれまで蓄積してきた知識と経験と方法論、多くのお客様との強い信頼関係、育ってきた十分な人材という成長力が整いつつあります。
将来AIが利用可能段階まで発達したときも、これらの蓄積がAIを活用し、AIの力でさらに成長していくことができるでしょう。

以上、AIについて書いてみましたが、これは「成長中の会計事務所で働いてみたい」と思われる方へ、ぜひ当事務所の採用にご応募してみてくださいというメッセージでもあります。

現在6名の当事務所は、まずは10名体制になるために、採用活動を継続中です。
共に成長していくことのできる仲間のご参加を、心から歓迎いたします。

>>採用・求人ページ


*所長ブログは概ね3ヶ月に1回+臨時で、新しい記事を公開しています。ぜひご愛読ください。

スタッフブログ目次>>  所長ブログ目次>>

BACK TO TOP