|

トヨタに学び人を育て成長していく

今週初、名古屋と豊田市にて「トヨタに学ぶ」事務所内研修会を開催しました。
当事務所はじまって以来の1泊研修です。

トヨタ産業技術記念館の見学、企業研究発表、工場見学の3つを柱にした1泊2日の研修会は、台風のため工場見学は中止になってしまいましたが、それを補って余りある充実した研修会となりました。

超一流の企業に学ぶことは膨大に多く、とてもトヨタのようにはなれないとしても、学べることを学び、活かせることを活かそうとすれば、当事務所ももっともっと大きく成長できると思うことができました。

製品開発力、生産力、販売力、改善力など企業成長に必要な力が、人材育成を中心に築き上げられているトヨタの経営に深く学び、当事務所もいっそうお客様と社会に必要とされる存在になりたいと思います。

研修会の詳細は来月初のスタッフブログで紹介予定ですので、それと重複しないように研修で学んだことを少しご紹介します。


↓トヨタ産業技術記念館にて、トヨタの原点である紡績の、綿から糸を作る仕事が、手作業からいかに自働化されたかを知る展示。
会計事務所の手作業とは?自働化とは?と改めて考えました。

↓シボレーの分解調査から始まったトヨタの自動車。
今日のトヨタを築いたのはひとえに人の「情熱」でしょう。

↓初号機のボディは鉄板の手作業です。

↓歴代車のエンジン。会館の係の方が詳細な説明をしてくださいました。
技術の改善、進歩の凄さを、驚きとともに知りました。トヨタ車が世界を制した理由の1つが分かったように思いました。

↓ここからはトヨタ会館の展示です。

よい品はよい考えから生まれる。

もっともっといい工場へ。

モノづくりは人づくり。

↑これらはそのまま会計事務所の仕事にも当てはまります。早速まねしようと思います。

↓品質チェックのゲームに挑戦するメンバー。
松本会計事務所の厳しい品質管理で鍛えられているためか、なかなかいい線行ってました!

↓魅力あふれる製品。運転席も体験できます。

以上、ここには書ききれないくらい膨大に多くのことを学んだ研修会でした。

そして私1人が学んだのではなく、当事務所のメンバーとともに学べたことが、なによりも大きな成果だと思います。

当事務所はこれからも、私を含むメンバー全員の力で、これから人材募集に応募してくれるであろう将来のメンバーも含めて、皆で一緒により大きく成長していきたいと思います。


*所長ブログは概ね3ヶ月に1回+臨時で、新しい記事を公開しています。ぜひご愛読ください。

スタッフブログ目次>>  所長ブログ目次>>

BACK TO TOP