|

ヤマトHD様株主総会 – 働き方改革

6月23日(金)、ヤマトホールディングス株式会社様の株主総会に参加しました。

日本において、ヤマトの宅急便を知らない人はいないと言っても過言ではないほどのインフラを構築されている会社様です。
松本会計事務所では、4月の土曜研修会で、クロノゲート見学をし、多くを学ばせていただいたばかりです。

株主総会は順調に進み、15分程度の映像による事業報告や株主からの質疑応答等を含め、2時間程で終了いたしました。

今期の業績は、通販市場の拡大により、宅急便取扱数量が過去最高を更新し、営業収益が1兆4668億円(前期比3.6%増)となりました。しかし、労働需給の逼迫感が強まり、人的コストが増加したこと等により営業利益は348億円となり、前期比49.1%減の大幅減となっています。

急激な市場の拡大に体制の構築が追いつかず、労働環境の悪化が新聞やニュースでも大きな話題となっているタイミングでしたので、今回の総会での報告や質疑の中心は「働き方改革」についてでした。

ヤマトホールディングス様は、現状を踏まえ、社員がイキイキと働ける環境を創造するために、これからはグループ全体で働き方改革を経営の中心にされていくとのことでした。

具体的には、

・労務管理の改善の徹底
・ワークライフバランスの構築
・サービスレベルの変更
・宅急便総量のコントロール
・宅急便基本運賃の改定

により、健全な企業風土を整えていかれるそうです。

国全体でも、一億総活躍社会実現に向けて、働き方改革にチャレンジしている最中だと思います。

労働人口の減少やコンプライアンスの強化という社会の流れと、人々が求める豊かさの対象の変化など、社会全体の価値観が時代とともに変化していく大きな流れのようなものを強く感じる時間となり、日本のリーディングカンパニーの総会に参加することは、人と組織と社会の繋がりや関係性について、肌で感じ、考えるきっかけをいただける、とても有意義な機会になると気付くことができました。

私自身、形式的、表面的な働き方改革に踊らされるのではなく、働き方改革の本質について自分なりに向き合っていきたいと思います。


松本会計事務所のスタッフブログは、月に一度新しい記事を掲載いたします。+ 時々、不定期でも更新いたします。

スタッフブログ目次>>  所長ブログ目次>>

BACK TO TOP