|

森トラストREIT様投資主総会-良い場所を割安に

6月13日(火)に東京マリオットホテルで行われた、森トラスト総合リート投資法人様の投資主総会へ出席しました。

森トラスト総合リート投資法人様は、東京汐留ビルディングや渋谷フラッグなど15の物件を保有し、2017年3月期は営業収益8,869百万円、当期純利益4,722百万円と、業績も好調です。

投資主総会でお話を聞いていると、経営方針が一貫していて、投資の判断基準がとてもしっかりされているという印象を受けました。

中でも一番勉強になったことは、「選別投資」という考え方です。

物件の「立地」を最も重要視し、規模よりも物件ごとの「質」を重視して、投資先を選ばれているそうです。

一般的に良い物件と言われるのは、「良い場所、新しい、大きい」の3拍子が揃っている物件ですが、そうした物件は高いため取得せず、良い場所にあって割安で買うことができる物件を選別して取得されているそうです。

良い場所は、必ずテナントが入り、売るときにも良い値段で買ってもらえるため、「良い場所」ということが不動産投資において大変重要であることを学びました。

こうした選別投資をされているため、リート法人の中では少ない15物件という数でも、これだけの収益と利益を得て成功されているのだと思います。

投資主総会に参加したことで、投資について大変良い勉強をすることができましたので、今後の業務に活かしていきたいと思います。


松本会計事務所のスタッフブログは、月に一度新しい記事を掲載いたします。+ 時々、不定期でも更新いたします。

スタッフブログ目次>>  所長ブログ目次>>

BACK TO TOP