|

ダイヤモンドダイニング様株主総会-個性的な店舗展開

5月26日(金)、大手町の日経ホールで行われた株式会社ダイヤモンドダイニング様の株主総会に参加しました。

ダイヤモンドダイニング様は、GIVE “FUN & IMPACT” TO THE WORLDという企業理念を掲げ、世界一のエンターテイメント企業グループになることを目指されています。レストランや居酒屋などの飲食事業、ダーツバー、ビリヤードなどのアミューズメント事業を展開されています。

個人的には、ダイヤモンドダイニング様の運営されるお店のうち、BaneBAGUSにとても懐かしさを覚えます。終電間際まで仕事をし、そこからBAGUSに行き朝までダーツをするという若かりし監査法人時代を思いだしました。

最近では、増田セバスチャンプロデュースの東京新名所「KAWAII MONSTER CAFE」が話題になったのが記憶に新しいですが、こちらもダイヤモンドダイニング様の運営ブランドです。

株主総会は順調に進み、株主からの質疑応答も含め1時間15分ほどで終了しました。

株主総会に参加するにあたり、ダイヤモンドダイニング様のことを事前に調べる中で、私は、ダイヤモンドダイニング様のブランド戦略にとても興味を持ちました。

「コンセプト」「空間」「ストーリー」を重視した個性的な店舗で、エンターテインメント性に富んだ、ドキドキ・ワクワクする非日常的な空間を提供するというイメージを明確に作られています。

1つ1つの店舗がとても個性的なので、運営ブランドの数もとても多いです。
個性あるたくさんのアイディアを継続して生み出し続けるには、多くの発想力が必要です。

そのため、3つの約束を守れば何をしても良いという形でメンバーに大胆な権限委譲をされているそうです。

3つの約束とは、

・お客様を熱狂的なファンにすること
・コンセプトを外さないこと
・予算に基づいた適正な利益をあげること

この考え方は、どんなビジネスを行うにあたっても通ずるものだと思います。

お客様にファンになってもらうために何をするのか、自分たちはどんな基本概念をもっているのか、ボランティアではなくビジネスとして利益を生み出すためにはどんな手段をとっていくのか、自分自身の仕事と結びつけて、改めて思索させられるきっかけとなりました。

3つの約束は、求められる結果であり、そこに達するまでのプロセスはそれぞれという方針なのだと思います。
私自身、与えられたプロセスを進めるだけでなく、自らより良いプロセスを創造し主体的に動くということを日々の仕事の姿勢に取り入れていきたいと思いました。

6月も、3月決算会社の株主総会にメンバーが交代で参加します。
そこで得た学びとともに、スタッフブログで順次レポートしていきます!お楽しみに!


松本会計事務所のスタッフブログは、月に一度新しい記事を掲載いたします。+ 時々、不定期でも更新いたします。

スタッフブログ目次>>  所長ブログ目次>>

BACK TO TOP