|

2016年 年末のご挨拶

当事務所も本日12月28日に無事、2016年の最終営業日を迎えました。終わってみればあっという間だった1年間も、改めて振り返ってみると、実に多くのことがありました。

年初の1、2月は、前年末から本格的にスタートした大きな仕事に取り組み、事務所の全員がとても忙しい時期を過ごしました。皆が頑張った甲斐があり、案件は無事立ち上がり、安定軌道に乗せることができました。

忙しく過ぎた年初を終えた春頃からは、比較的落ち着いた時期となりましたが、この期間を活用し、既存の1つ1つの仕事をより丁寧に進める体制を、しっかりと整えることができました。
多少の余力もあったこの時期に、研究開発のように、メンバー全員で「お客様のための仕事とはどのようなものであるべきか」を基礎から考え、再構築したことは、これから当事務所が成長し拡大していくにあたり、大きな貢献をしてくれると思います。

2016年も有難いことに、新しいお客様との出会いにも恵まれました。
新たなお客様とは、長いお付き合いをいただいているお客様と同じく、2017年以降もより大きな信頼関係を築いていきたいと思っています。

メンバーもそれぞれに大きく成長し、活躍の舞台を広げていく途上にあります。
2017年も人を育て、継続的な人材の採用も行っていきたいと思っています。

事務所の内部の体制も、私1人の力で牽引するのではなく、メンバーの総力で事務所が成長していくよう、変えていこうとしています。
2017年からは給与体系も少し新しくすることにしました。
「早く来て、集中して働き、早く帰る」という方針に沿って、いっそうの活躍をしてくれると期待しています。
多額ではありませんが、2016年から2017年にかけて、給与の増額も実現することができました。人は最大の財産ですので、人件費はコストではなく投資です。収益性を高め、給与を継続的に増加していくことができる事務所にならなければいけないと思っています。

以上が、当事務所の振り返りです。

私個人としては、2016年もそれなりに忙しく働いた年ではありましたが、仕事に全生活が埋没していた数年前以前に比べると、だいぶ人間らしい?生活ができるようになりました。

日常の仕事も多くこなしましたが、合間を活用して、出張や視察で海外や国内の多くの場所を訪れ、世界を広げ、仕事や事務所運営のヒントをたくさん得ることができました。日常的に運動できる時間も確保できるようになり、だいぶ健康的に過ごせるようになってきました。

いろいろなものが整い、挑戦できる環境にあることを感謝して、2017年も積極的に挑戦していく年でありたいと思っています。

2016年を良い年として過ごすことができましたのも、ひとえに私ども松本会計事務所を信頼し仕事を任せてくださっているお客様のおかげであり、この場を借りて厚く御礼申し上げます。
このブログを読んでくださっている皆様にとりましても、2017年がより良い年でありますことを、心より祈念いたします。
来たる2017年も、宜しくお願い申し上げます。
どうぞ良い年をお迎えください。


*所長ブログは3ヶ月に1回+臨時で、新しい記事を公開していく予定です。ぜひご愛読ください。

スタッフブログ目次>>  所長ブログ目次>>

BACK TO TOP