|

ゴッホとゴーギャン展を見にいく研修会

私たちの事務所はこれまで、社員旅行などのイベントを行ったことはありませんでしたが、このたび「みんなで美術館に行こう!」ということになり、上野にある東京都美術館の「ゴッホとゴーギャン展」に行ってきました。

土曜研修会の際に「どんな研修会があったら良いか?」というディスカッションをしたところ、いろいろアイデアが出てきましたので、その中でまずは1つを早速実行してみよう、ということになりました。
いつも会計や税務などの知識を高める研修ばかりですので、趣向を変え、「感性を磨き、人間力を高めよう」という狙いです。

午前中に事務所内で、絵が好きなメンバーが絵の歴史を少し説明して、そのまま徒歩と電車で美術館に行き、絵を観たあとでお昼を食べながら感想を語り合う、というプログラムでした。

美術館によく行く者もいれば、ほとんど行ったことのない者、小学校以来という者もいます。

館内入口までは全員で行って、そこからはそれぞれに、絵を鑑賞しました。

「絵の具や筆づかい、色など、実物を見ることでしか分からない発見がたくさん」「近くで見ると画家によって筆遣いが全く違う。写真で見るだけでは絶対に分からなかった」「以前からゴッホが好きだったが、本物を見て改めて好きになった」

などなどの感想が出ました。自分が美術館で絵を見ることをこんなにも楽しめるとは!と我ながら驚いた者もいたようです。

絵を見終わったあとは、美術館のショップで図録や絵葉書を買ったりして、そのあとで館内のレストランへ行き、ちょうど全員が座れる丸テーブルを囲んで、洋食を食べながら感想を語りあいました。

自分と同じ感想に共感したり、自分とは異なる感想に「そのような捉え方があるのか」と勉強に思ったり、一人で鑑賞したときには味わえない感想交換会となりました。

今回の研修会で、感じたことや学んだことはそれぞれ異なるかもしれませんが、皆とても有意義な時間を過ごせたと思います。

また遠足気分で上野に出かけ、皆で上野公園の緑の中を歩いたりしたことも、お互いの親睦を深める良い機会となりました。
こんなイベントを楽しめる自分たちを、改めて良いチームだと思えたりもしました。


松本会計事務所のスタッフブログは、月に一度新しい記事を掲載いたします。+ 時々、不定期でも更新いたします。

スタッフブログ目次>>  所長ブログ目次>>

BACK TO TOP