|

こんな会計事務所を作りたいと思って

独立しようとか、会計事務所を作ろうとか、そういう決意をすることなく毎日の仕事をしているうちに、結果的に自分の会計事務所をもつようになったのは、もう10年以上前のことです。

過去のいつの日を創業の日として良いのかよく分からないので、当事務所には創立記念日もありません。
(記念日はあったほうが良いので、そのうち適当な日を選んで制定しようかなとは思っています)

スタートはその程度でしたが、途中で、信頼して仕事を任せてくださっているお客様と、ここで働きたいと思って集まってくれたスタッフのために、どんな会計事務所でありたいかを、意識して方向づけし、それに向かって経営努力をしなければいけないと思うようになりました。

お客様から、人間的にも能力的にも、心からの信頼をいただける。
お客様のために尽力して働くことを、心から楽しく誇りに思える。
その仕事を通じて十分な収入を得て、生活も充実させることができる。

難しいことですが、そんな会計事務所を作りたいと思っています。

働く人のモチベーションは、仕事自体の中になければいけないと思います。
やりがいの感じられない仕事を、給料や福利厚生の充実などの工夫で動機づけすることはできないと思っています。
仕事それ自体が楽しく誇りに思えることが、最大のモチベーションになるはずです。

楽しくやりがいがあっても、収入が少なければ、続けることはできません。
儲け過ぎたり、贅沢な暮らしができるということではなく、安定した楽しい生活を送れるだけの、適正で十分な収入は必要です。
そのためには、事業に収益力がなければいけません。

アルバイトやパートを活用して人件費を抑えることで、収益力を高めるような仕事ではないと思っています。
会計事務所の仕事は、守秘義務を守り、高い能力を持って働くことが求められますから、長期雇用(終身雇用)の正社員を育成していきたいと思っています。

働きやすい職場ってどんな職場だろうか? と良く考えます。
自分の仕事がお客様の発展に貢献していること、社会に貢献していることが、実感できる。
毎日の仕事に新鮮な驚きがあふれている。覚えること、学ぶことが多く、能力の向上、成長を実感できる。
個々に高い責任感を持ちながら、チームワークが整っている。人の悪口を言わない、人に恥ずかしい思いをさせない、他者に敬意を払い思いやりを持つ、という社風がある。言いたいことはなんでも言える。
職層と規律はあっても、人としての上下関係は全くない。
そういう職場では、人は輝いて働くことができる、と思っています。

そんな職場を作りたい、作らなければと思って、毎日の仕事に取り組んでいます。

収益力だけはまだまだですが、それ以外はなかなかいい線までいっているように思えることは、自分でも驚くほどの成果です。

ひとえに、こんな事務所で働きたいと思い集まってくれたスタッフと、私たちに仕事をお願いしてくださるお客様のおかげだと思います。

組織が大きくなっても今のチームの素晴らしさを維持し、収益力を高め、お客様にいっそう信頼し満足してもらえるようになりたいと思います。

梅雨の日に紫陽花に飛びつこうとがんばるカエルのように、進んでいきたいと思います。


*所長ブログは3ヶ月に1回、新しい記事を公開していく予定です。ぜひご愛読ください。

スタッフブログ目次>>  所長ブログ目次>>

BACK TO TOP