|

旅の思い出(フランス編)

10月の最終週、長期休暇をいただいてフランスへ旅行に行ってきました。

とても定番ですが、ヴェルサイユ宮殿とモンサンミッシェルをじかに見てみたかったため、今回はフランスに行くことにしました。

ヴェルサイユ宮殿は鏡の間が一番楽しみで、実際に中に入った瞬間、あまりのきらびやかさに圧倒されるばかりでした。
他の部屋も、豪華絢爛としかいいようがなく、昔のフランス貴族の優雅な生活を想像しながら、宮殿内を練り歩いていました。
有名な観光名所なので、観光客の方がたくさんいらっしゃっていましたが、その中に小学生ぐらいのお子さんの団体がいて、なんだろうと思っていたら校外学習に来ているそうでした。
フランスでは普通のことなのかもしれませんが、日本で生まれ育った私としては、なんて羨ましいと衝撃を受けました。

モンサンミッシェルでは、ちょうど大潮の日に行くことができたので、モンサンミッシェルの周辺がだんだんと海に覆われていくさまを見ることができました。
モンサンミッシェルの周辺はかなりの広さが干潟になっていて、これが本当に全部海に沈むのか?と疑問に思いましたが、満潮の時間が近づいてくると、どこからともなく激しい勢いで海水がながれこんできて、あっという間に一面海になり、とても驚きました。
水鏡に映るモンサンミッシェルの夜景はとても綺麗で、このときはとても寒かったのですが、時間の許す限りその光景をずっと眺めていました。
写真にうまくおさめることができなかったので、皆様にお見せできるのが昼間撮ったものになってしまったのがとても残念です。

今回お休みをいただいて、たっぷりと観光することができたのも、ひとえに事務所メンバーがフォローしてくださったおかげですので、他の方が休めるよう、そして私自身、来年もどこかに旅行にいけるよう、これからも頑張って働きたいと思います。


松本会計事務所のスタッフブログは毎週月曜日(休日の時は週の最初の営業日)に新しい記事を掲載いたします。+ 時々、不定期でも更新いたします。ぜひご愛読ください。

スタッフブログ目次>>  所長ブログ目次>>

BACK TO TOP