|

税を考える週間

– ブログカテゴリー : 会計カレンダー 11月 : 10月>> –

朝晩の冷え込みが日に日に増してきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。私は仕事のときも、あたたかい靴下を履いたり、ブランケットをかけたりして、体が冷えないように心がけています。今年の冬もあたたかく過ごし、会計事務所では繁忙期となるこれからの季節を乗り切っていきたいと思います。

11月11日(水)~11月17日(火)は税を考える週間です。

税を考える週間とは、国税庁が定めたもので、毎年11月11日~11月17日までの期間、税の仕組み、使い道や必要性について考えてもらい、税金に対する理解を一層深めてもらうことを目的として設けられた週間です。この週間では、国や地方公共団体がさまざまな広報広聴施策を実施しています。

国税庁のウェブサイトでは、今年度のテーマ「税の役割と税務署の仕事」に合わせて、税務署の仕事を動画で見ることができたり、イラストやスライドによって税の役割や国税庁の取り組みを知ることができたりします。子ども向けに税の学習コーナーも用意されていますので、お子様と一緒に税の学習をするのもよいかもしれません。税の歴史の変遷なども載っていて、とても興味深かったです。

地方公共団体では、花の種を配布したり、水族館でイルカやアザラシによるイベントを開催したりと、税に関心を持ってもらうためにいろいろな施策が実施されるようです。税の無料相談会を行う場所もあるようですので、税に関してお困りごとがありましたら、ご相談してみてはいかがでしょうか。

日々の業務の中で、お客様の税金計算をさせていただいたり、申告書や納付書を作成させていただいたりと、税務の仕事をおこなっていますが、その税金がどのようなことに使われ、どんな役に立っているのかということを学ぶことで、税の必要性を再認識することができ、お客様と税金のお話をするときなどに活かすことができるのではないかと思います。

私たちが健康で文化的な生活を送るための「会費」である「税」について、深く理解するよい機会となりそうです。


松本会計事務所のスタッフブログは毎週月曜日(休日の時は週の最初の営業日)に新しい記事を掲載いたします。+ 時々、不定期でも更新いたします。ぜひご愛読ください。

BACK TO TOP