|

エネルギーチャージの旅

今月は、健康強調月間とのことですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。私は、先日、心身ともにリフレッシュすることを目的とした旅に行き、自分自身のメンテナンスを行ってまいりました。今日はその旅について書いてみようと思います。

旅の目的地はバリ島。現地滞在6日間のうち、前半3日間はからだのリフレッシュ、後半3日間はこころのリフレッシュを目的に過ごす旅としました。バリ島には、古代遺跡や寺院、伝統的な村の風景等、観光すべきところがたくさんあるようでしたが、それはまたの機会に訪れることとし、スケジュールにしばられることなく本能の赴くままに過ごすというホテル滞在をメインとした贅沢な時間を味あわせていただきました。

前半3日間は、意識的にからだを動かして過ごしました。ゴルフ、テニス、卓球、バスケなどからだに無理の無い範囲で色々と挑戦しました。人間のからだは正直なもので、日を浴びてからだを存分に動かすと、夜早い時間に睡魔に襲われ、翌朝、早い時間に目が覚めるという理想的なスタイルを自然と保とうとすることを改めて再確認できました。

後半3日間は、何にも縛られることなく本能の赴くままに動くことを意識して過ごしました。プールサイドやビーチサイドでボーッとしたり読書をしたり、朝になれば朝ごはん、昼になれば昼ご飯、夜だから寝るという生活ではなく、お腹がすいたら食べるしすかなければ食べない、昼間であろうが眠くなれば寝るというような、今、自分がどうしたいのかという気持ちを100%叶える形で過ごしていました。この本能の赴くままに過ごす時間は驚くほどノンストレスで心穏やかに過ごすことが出来ました。

自分はどうしたいのか?

日本で日常生活を送っていると、ここ最近はそれを考える時間をとることをせず、自分の気付かないうちにこの問いに対する答えがぼやけてしまっていたことに気付かされました。なんとも恵まれたことに、仕事でもプライベートでも大きな不満無く過ごさせていただいているがゆえに、現状に満足しすぎて向上心を失いかけているかもしれないとハッとしました。

そんなことに気付かされてからは、プールサイドで10年後の理想を思い描くとともに、それを実現するためにここからの10年をどう過ごしていくかを自分のペースで整理する事ができ、とても実りある旅になりました。

おかげさまで、心身ともにリフレッシュされ、日本に戻ってからは、充電されたエネルギーをもとに明るく楽しく向上心を持って毎日を過ごしています。人間のエネルギーもスマートフォンと同様に定期的に充電が必要なのかもしれません。また電池が切れたら次はどこで充電しようかと今のうちに検討しておこうと思います。


松本会計事務所のスタッフブログは毎週月曜日(休日の時は週の最初の営業日)に新しい記事を掲載いたします。+ 時々、不定期でも更新いたします。ぜひご愛読ください。

スタッフブログ目次>>  所長ブログ目次>>

BACK TO TOP