|

監査と税務 – 転職をお考えの会計士の方へ –

監査法人で企業監査の経験を積まれた会計士の方で、「これからは税務やコンサルティングもしてみたい」と思われている方がいらしたら、私たちの事務所で働かれることをぜひご検討ください。

「これまで監査しかしていないので、税務のことは分からないけど…」というかたも、まったく問題ありません。
お客様のために働きたいという気持ちがあれば、税務の知識と経験はあとから十分についてきます。

私自身、公認会計士としてこの世界に入り、企業監査に特化して働くことからスタートして、その後、税務やコンサルティングへと仕事を広げてきました。
そういう私がつくった事務所ですので、業務領域や組織体制が、監査から税務やコンサルティングの世界へ入ってくる方に適したものになっていると思います。

当事務所で活躍する2名の会計士も、同じようなキャリアを歩んできた2人です。
2人とも当事務所に入ってから、非常に優れた成長と活躍をしています。

監査の経験が豊富な会計士は、企業の経営において、複雑なものを単純化していくことができる力を持っていると思います。
見えていない状況を、整然と見通せるようにする力です。

また複式簿記の自己検証機能を自然に使いこなせ、どのような作業にも応用できる力もあります。これは監査をしている時には気づかないかもしれませんが、数字を作る作業に携わると、その力に気づくと思います。

これらの力は、税務にもコンサルティングにも、とても役に立ちます。
税務やコンサルティングで活躍するための基礎体力に相当する力を、企業会計に通じた会計士は持っているのです。

どんな仕事も等価だと思いますし、監査より税務が優れている、ということではありません。
ただ、お客様から独立した立場で行う監査よりも、同じ側に立って一緒に課題に取り組みたい方には、税務やコンサルティングは、より適した活躍の場ではないかと思います。

いま監査法人などで監査を担当しご活躍されている会計士の方で、税務やコンサルティングもやってみたいという方は、ぜひご連絡ください。入所するかどうかは別として、まずは私たちがどんな仕事をしているのか、どのような職場であるのか、話だけでも聞いてみたい、という方も大歓迎です。

良い信頼関係を持って、明るく楽しく、一緒に働いていける仲間が増えていくことを、心から楽しみにしています。


*所長ブログは毎月1日(休日の場合は毎月最初の営業日)に新しい記事を公開します。+ 毎月1日以外にも時々、不定期で更新をします。ぜひご愛読ください。

スタッフブログ目次>>  所長ブログ目次>>

BACK TO TOP