|

電子式卓上計算機(は左手で)

– ブログカテゴリー:仕事の道具 : 前回

9月も半ばに入り、夜に聞こえてくる虫の音に秋の訪れを感じるようになってきました。
先日お客様にいただいた梨も美味しくいただき、食欲の秋を満喫しております。

さて、会計事務所で働く私たち、会社の経理担当者の方など会計、税務に携わる人にとって仕事の必須道具といえば、電卓があげられると思います。

電卓とは「電子式卓上計算機」の略称で、時代とともに小型、軽量に進化をとげています。開発当初は大きく高価であったものが、今ではどの家庭にも1台はあり、家計簿等に重宝されているのではないでしょうか。

カシオ製、シャープ製のものが主流になっていると思いますが、それぞれメーカーによってキーの配列が違う等の個性があるので、一度1つのメーカーのものに慣れてしまうと他メーカーのものは使いづらいと感じるようになると思います。
私は会計の勉強を始めたときにカシオ製の電卓を使いました。最初は8桁のもの、今は12桁の同メーカーの電卓を愛用しています。

私は右利きなので当然のように右で電卓を打つことを始め、それに慣れてしまいましたが、松本会計に入所して左手で打った方が便利だと気づきました。ペンを右手で持ち、いちいち持ち替える必要がないので効率的です。何度も左手で打てるようにと試みましたが、どうしてもスピードと正確性で慣れた右手に勝てず、いまだに右手で打ち続けています。
もし、このブログを見てくださっている方のなかに会計の勉強を始めたばかりの右利きの方がいれば、是非左手で打つことをお勧めしたいと思います!

計算機能を備えたエクセルで資料を作ることも多いですが、それでも自分の手で打つ電卓は欠かせないものです。これからも愛用の電卓とともに頑張っていきたいと思います。


松本会計事務所のスタッフブログは毎週月曜日(休日の時は週の最初の営業日)に新しい記事を掲載いたします。+ 時々、不定期でも更新いたします。ぜひご愛読ください。

スタッフブログ目次>>  所長ブログ目次>>

BACK TO TOP