|

長い休暇をとりやすい職場

ふだんは一生懸命働いて、年に1度か2度は、1週間くらいの休みをとってどこかに行く。
そういう働き方は、一つの理想であると思います。

いつでも好きな時に休むのは難しいですが、仕事に支障のない時期をあらかじめ決めて、休むための段どりをきちんとしていれば、1週間くらいの休みは問題なくとれるのではないでしょうか。

私たちもそういう働き方をしたいと思っています。
そのためには、職場の中に、休みをとりやすい雰囲気を作り出すことも大切だと思います。

私たちが日々使っている社内情報共有ツール”Qortex“の中に、当事務所の中で自然発生的に出てきた1つの仕組みがあります。

Qortexの中には、テーマごとに「グループ」を設定できます。
私たちはお客様やプロジェクトごとにグループを設定して活用していますが、その中に「休憩」というグループがあります。

1週間くらいの休みをとって旅行に行った人は、休みを終えて戻って来た後、ここに旅行の記録を簡単に書いて、共有します。旅先で撮った写真も数枚つけたりします。
もちろん義務ではありませんので、書きたい人が好きに書けば良いのですが、自然にエントリーも増えてきて、とてもおもしろいコンテンツになっています。

こういう仕組みがあれば、休みをとりやすい雰囲気も、自然と職場の中に生まれてくると思います。

長めの休みをとって、仕事から離れ、ふだん過ごす場所とは違う地へ旅に出ることは、人生を豊かにするためにも良いことですし、考え方も広く大きくなり、より良い仕事ができるようにもなると思います。

会計事務所は年の前半が忙しいので、私たちの職場でも、繁忙期が過ぎる来月7月頃から、各自それぞれに休暇をとり始めることでしょう。
これから秋にかけて、また各自の旅の記録のコンテンツが増えていくことが楽しみです。


*所長ブログは毎月1日(休日の場合は毎月最初の営業日)に新しい記事を公開します。+ 毎月1日以外にも時々、不定期で更新をします。ぜひご愛読ください。

スタッフブログ目次>>  所長ブログ目次>>

BACK TO TOP