|

4Bの芯で見やすい書類

– ブログカテゴリー:仕事の道具 : 前回>> –

皆さまは、愛着を持って使っている、こだわりの仕事の道具はお持ちでしょうか?
今週は、私たちの事務所で使っている道具の1つとして、「シャープペンの芯」をご紹介いたします。

私たちがこだわっているのは 「濃さ」です。
シャープペンの芯には、いろいろな種類の濃さがありますが 、私たちは4Bという、通常市販されているものの中では、かなり濃いものを使っています。

私たち事務所の作業は、全面的にIT化をしていますので、多くの業務はパソコンで 行います。
しかし作業の速さや正確性確保の観点から、 手書きで書類を作成することもあります。

手書きで作った書類も、その後、チェック者が検証作業を行ったり、 1年くらい経ってから他の人が見返して利用したりする、大切な資料になります。
そのように活用できる書類であるために、走り書きのメモではなく、きちんとした書類として残しておく必要があります。

そこで、4Bくらいの濃い芯で書いておくと、文字が明瞭になり、見やすい書類になります。

実は、4Bを使用することは、私たち事務所の発案ではなく、当事務所の所長が監査法人で勤めていた時代に教えられたノウハウなのだそうです。
シャープペンの芯の濃さという細かいところにも、業務品質を高めるためのポイントがあるのだなと思います。

皆さまもご関心をお持ちいただけたら、一度4Bを試されてみてはいかがでしょうか?


松本会計事務所のスタッフブログは毎週月曜日(休日の場合は週の最初の営業日)に新しい記事を掲載いたします。+ 時々、不定期でも更新いたします。ぜひご愛読ください。

BACK TO TOP