|

四半期ごとの目標管理

今年から月に1回、月初にブログ更新を始めたことで、月の区切りをよく意識できるようになりました。

意識しないと月日はそのままに過ぎていってしまいます。
ひと月ごとに、振り返ったり、思いを新たにしたりして、毎日を充実したものにして過ごしていきたいと思います。

私たちの事務所は四半期制度を採用し、3ヶ月ごとに、土曜研修会その他区切りとなるイベントを行っています。

1年という期間は私たちの組織のスピード感からは長過ぎて、3ヶ月に1度という期間がちょうど良いです。
日々成長していこうとする職場には、それくらいのスピード感を持った期間設定が有効であると思います。

四半期区切りのイベントの中で最も大切なものの1つが、私が全員と1対1で面談する形式の、目標管理です。
目標管理を通じて、経営する側と働く側が、お互いの目標と期待を理解し、同じ方向を向いて進んでいくことができます。
お互いの信頼関係を、より良い、強固なものにすることもできます。
成長する強い組織には、働くもの同士の信頼関係が不可欠であると思います。

目標管理は、スタッフのモチベーションの向上をはかる目的で始めたものですが、逆に私が良い刺激や影響を受けることもたくさんあります。

スタッフの将来への希望を聞いていると、私もその歳の頃はこんな希望を持っていたと思い出すことがあります。
その頃の自分が抱いていた理想と、今の実際の位置との差に、反省や危機感を感じることもあります。

意識しなくなってしまっている基本的な心がけを改めて意識させられたり、意識したこともなかったような目標や理想を聞いて、私自分の価値観が広がる思いをすることもあります。

人を育てることは、企業の大切な力であると思います。
私たちの会計事務所という仕事は特に、労働集約的な、人の力による事業ですが、どのような事業であっても、企業の経営資源の中で、人の力こそが最も強く、大切な力であると思います。

四半期制度や目標管理は、4年間に始めたものですが、非常によく機能し、私たちのこれまでの成長を支える力となってきました。強い組織の基礎を作り、これからの成長も支えていってくれると思います。

これからも、人を育て、それにより私も育てられて、事務所としての成長を続けていきたいと思います。


*所長ブログは毎月1日(休日の場合は毎月最初の営業日)に新しい記事を公開します。+ 毎月1日以外にも時々、不定期で更新をします。ぜひご愛読ください。

BACK TO TOP