M&A

M&Aで飛躍的な成長を

M&A(企業買収&合併)により、新規事業への進出、既存事業の拡大を行い、競争力を飛躍的に向上することができます。
事業や子会社を売却し、経営資源の集中を図ることもできます。

M&Aの成功のためには、
・良い売買相手を探し、選定する。
・売買対象となる企業、事業を十分に調査する。
・適正な価格評価を行う。
・M&A後には、企業文化を統合し、1つの会社としての企業価値を高めていく。
ことが必要です。
どのプロセスが欠けても、M&Aを成功させることはできません。

当会計事務所は、財務デューデリジェンス、企業価値評価(株価算定)、アドバイザリー、税務最適化、会計基準の適用など、M&Aの様々な過程において業務を提供し、お客様のM&Aの成功を支えます。

M&Aをご検討されているお客様、会社の売却等をご検討されているお客様は、まずはお気軽にご相談ください。

当事務所のM&A業務の主な実績はこちらです


財務デューデリジェンス

M&Aの成功のためには、買収対象である企業や事業について調査(デューデリジェンス)を行い、投資判断に必要な情報を入手・検討することが必要です。

財務デューデリジェンスによって得られた情報は、投資意思決定や価格決定に有用であるほか、M&A後の経営統合のためにも重要な役割を果たします。

当会計事務所は、公認会計士等の専門家チームが、対象企業への往査を行い、各種財務データの収集・評価・分析、経営者へのインタビューやディスカッション等を行って、M&A判断のために必要十分な情報を提供いたします。

標準報酬額はこちらです


企業価値評価(株価算定)

M&Aの買取対象となる企業や事業は、適正な価値評価を行うことが必要です。高過ぎる価格で取得することはM&Aの失敗につながります。

企業価値評価の方法は多様に存在しますが、日本においてもM&Aの実例が増えたことに伴い標準的な方法が確立されてきており、日本公認会計士協会も企業価値評価ガイドラインを公表しています。

企業価値は、投資目的と売却意向を考慮し、対象企業の実態を理解し、企業価値の形成要因を正しく分析・把握して、評価することが必要です。

財務デューデリジェンスを同時に実施する場合は、デューデリジェンスによって把握できた財政状態や収益力に基づいた企業価値評価を行うことができます。

標準報酬額はこちらです


M&Aアドバイザリー

M&Aアドバイザリーは、売り手または買い手のいずれか一方のアドバイザーとして、M&Aの過程における助言、進捗管理、交渉などを一貫して行う業務です。

M&Aは、計画の立案から、デューデリジェンスや企業価値評価を経てM&Aを実行し、その後の経営統合まで、長期にわたる多くのプロセスから成っています。

社内の方々の力に加えて、知識と経験をもった専門家が一貫したサポートを行うことで、M&Aを成功に導くことができます。